九州の小京都・小城 小城の見どころ案内
小城公園
桜城館
清水の滝・清水観音
須賀神社・千葉城跡
羊羹資料館
深川家住宅
小柳酒造
鯖岡小路の生垣
祇園川の源氏ボタル
三間山円通寺
松尾山光勝寺
岩蔵天山神社
江里山の棚田
祥光山星巌寺
晴気天山神社
八丁ダム
天山県立自然公園
医王山三岳寺
牛尾梅林・牛尾神社
梧竹観音堂
名所ガイドマップ
小城へのアクセス
交通機関のご案内
牛尾梅林・牛尾神社
牛尾梅林・牛尾神社


早春の小城に馥郁たる香りを漂わせる、梅の名所として知られるのが「牛尾(うしのお)梅林」です。毎年、一面の花が咲きそろう時期はまさに壮観で、高雅な香りに包まれながらの散策は、最高の贅沢といえそうです。

ここの梅は、果実を採るために植えられたもの。現在、22ヘクタールの面積に約1万3千本の梅が栽培されており、梅漬けなどの食品は知る人ぞ知る小城の特産品となっています。
また山頂からの眺望は素晴らしく、佐賀平野を一望できるほか、天気の好い日には遠く雲仙の山影をも見ることが出来ます。

牛尾山の中腹にある「牛尾神社」は、由緒ある古社。延暦15年(796)桓武天皇の勅宣により、熊野大神の御霊を勧請したと伝えられます。かつては牛尾別当坊と呼ばれ、箱根・熊野山・鞍馬山と並ぶ日本四別当坊の一つとして、威勢を誇りました。牛尾別当坊は源氏との関わりがあり、源義経や弁慶が腰旗を奉納したほか、源頼朝も神領千五百町歩を寄進しています。
藩政時代には佐賀藩領に属し、代々の藩主の厚い崇敬を受けました。慶長2年(1597)に鍋島勝茂が寄進した「肥前鳥居」は現在、佐賀県の重要文化財に指定されています。


堂々たる風格の「肥前鳥居」 牛尾神社の社殿
堂々たる風格の「肥前鳥居」 牛尾神社の社殿

所在地 ・小城市小城町牛尾
問い合わせ先 ・小城市役所商工観光課=0952(73)8813
交通アクセス ・JR小城駅から車で約15分、JR牛津駅から徒歩約30分・車で約10分
ひとくちメモ ・毎年梅の開花時期にあたる2月下旬には、地元の生産業者を中心にした「梅まつり」が開催されます。梅の加工品や花梅の即売会、写真コンテストなどの多彩な催し物が行われ、県内外より多くの人を集めています。



Copyright (C) 2005-2013 Office MAYARUDA. All Rights Reserved.